花巻南温泉峡(桜見ごろ2022早め・・・)岩手桜名所

花巻南温泉峡

花巻南温泉峡(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。花巻南温泉峡は岩手の桜名所です。花巻南温泉峡の桜見ごろは例年4月下旬頃です。花巻南温泉峡には志戸平温泉周辺にソメイヨシノ(染井吉野)など約300本の桜の木が植えられ、ライトアップが行われています。(要確認)

【花巻南温泉峡 アクセスマップ】
場所・・・岩手県花巻市湯口字志戸平26・志戸平温泉

【花巻南温泉峡 アクセス・交通】
*JR花巻駅からバスの場合、志戸平温泉バス停(徒歩すぐ)

【花巻南温泉峡 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【花巻南温泉峡 時間(要確認)】
温泉施設あり

【花巻南温泉峡 料金(要確認)】
温泉施設あり

広告

【花巻南温泉峡 歴史・簡単概要】
花巻南温泉峡(はなまきみなみおんせんきょう)は岩手県花巻市にあります。花巻南温泉峡は青森県の夏泊半島(なつどまりはんとう)から福島県・栃木県の県境の帝釈山地(たいしゃくさんみゃく)に至る奥羽山脈(おううさんみゃく)の支脈を源とする北上川(きたかみがわ)の支流・豊沢川(とよさわがわ)沿いにある松倉温泉(まつくらおんせん)・志戸平温泉(しどだいらおんせん)・渡り温泉(わたりおんせん)・大沢温泉(おおさわおんせん)・山の神温泉(やまのかみおんせん)・高倉山温泉(たかくらやまおんせん)・鉛温泉(なまりおんせん)・新鉛温泉(しんなまりおんせん)の総称です。花巻南温泉峡には志戸平温泉周辺にソメイヨシノ(染井吉野)など約300本の桜の木が植えられています。志戸平温泉は今から約1,200年前の平安時代初期に坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)一行が清水寺(きよみずでら)から授かった観音(かんのん)像のお告げによって発見し、坂上田村麻呂が矢傷を癒したと伝えられています。その後江戸時代中期の1689年(元禄2年)から湯治場になったと言われています。志戸平温泉には自炊ができる古くからの旅館や大型ホテルなどが点在しています。また温泉神社も祀られています。花巻南温泉峡では松倉温泉から新鉛温泉までの県道沿いにも桜並木が続いています。
花巻市(はなまきし)は岩手県のほぼ中央に位置しています。花巻市は岩手県の盛岡市・北上市・遠野市・奥州市・宮古市・西和賀町・雫石町・紫波町に接しています。花巻市は岩手県の西部に広がる北上平野(北上盆地)に位置し、西側に東北地方の中央部にある奥羽山脈・東側に北上高地(北上山地)の山々が連なり、岩手県岩手郡岩手町の弓弭の泉(ゆはずのいずみ)を源とする北上川水系の本流で一級河川・北上川右岸に市街地が発達しています。ちなみに奥羽山脈の渓谷沿いには花巻温泉郷(花巻温泉・台温泉・新湯本温泉・金矢温泉)があります。花巻市は開田以前は花の牧と言われた馬産地で、花巻市の名称の由来にもあったとも言われています。(諸説あり)花巻市は安土桃山時代まで稗貫氏(ひえぬきし)の本拠地だったが、1591年(天正19年)に没落すると南部氏の家臣・北秀愛(きたひでちか)が花巻城(鳥谷ヶ崎城)を改修したり、城下町を整備したりし、名称を「鳥谷ヶ崎(とやがさき)」から「花巻」に改めました。その後江戸時代に奥州街道の宿駅・北上川舟運の河港として栄えました。花巻市は童話作家・宮沢賢治の生誕地であり、岩手県の名物である「わんこそば」発祥地でもあります。
*参考・・・花巻南温泉峡(アクセス・歴史・・・)

【花巻南温泉峡 見どころ・文化財】
花巻南温泉峡の見どころは花巻南温泉峡の桜です。花巻南温泉峡の桜見ごろは例年4月下旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【花巻南温泉峡 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0198-29-4522(花巻市観光協会)

【花巻南温泉峡 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
岩手桜名所・岩手桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る