犬鳴山温泉(紅葉見ごろ・・・)大阪紅葉名所

犬鳴山温泉

犬鳴山温泉

犬鳴山温泉(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介しています。犬鳴山温泉は大阪の紅葉名所です。犬鳴山温泉の紅葉見ごろは例年11月中旬頃~11月下旬頃です。犬鳴山温泉からは犬鳴山七宝瀧寺までの参道がハイキングコースになっており、紅葉とハイキングコースを楽しむことができます。また犬鳴温泉センターなどもあり、温泉も楽しむことができます。

【犬鳴山温泉 アクセスマップ】
場所・・・大阪府泉佐野市大木

【犬鳴山温泉 アクセス・交通】
*JR日根野駅から南海バス・犬鳴山方面行きの場合、犬鳴山バス停(徒歩すぐ)

【犬鳴山温泉 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【犬鳴山温泉 時間(要確認)】

【犬鳴山温泉 料金(要確認)】

広告

【犬鳴山温泉 歴史・簡単概要】
犬鳴山温泉(いぬなきやまおんせん)は大阪府泉佐野市大木にあります。犬鳴山温泉は大阪市内から車で約45分で行くことができる大阪府内唯一の温泉郷で、かつて犬鳴温泉とも言われる時代がありました。標高約558メートルの燈明ヶ岳(とうみょうがだけ)一帯である犬鳴山は1,300年余り前の飛鳥時代、661年(斉明天皇7年)に修験道(しゅげんどう)の開祖とされる役行者(えんのぎょうじゃ)・役小角(えんのおづぬ)が行場として開いたとも言われています。その後平安時代中期頃にあったとされる義犬伝説に因んで、犬鳴山と言われるようになりました。890年(寛平2年)3月、紀州の猟師が狩りの最中、突然連れていた犬が激しく鳴き出し、狙っていた鹿が逃げました。怒った猟師は犬の首をはねたが、それでも首が飛び跳ねて襲い掛かろうしていた大蛇に噛み付いて猟師を救いました。悔いた猟師は七宝滝寺の僧となって愛犬を供養し、七宝滝寺に勅号「犬鳴山」を賜ったと言われています。犬鳴山温泉は太平洋戦争後に開発されたとも言われています。犬鳴山温泉は単純硫黄泉で、神経痛・関節痛・冷え症・慢性消化器病・皮膚病などの効能があるとも言われています。犬鳴山温泉には犬鳴温泉センター・湯元温泉荘・不動口館・み奈美亭・犬鳴山グランドホテル紀泉閣・犬鳴山いこいの家・犬鳴山WOODS・犬鳴山バーベキューniku-niku・行者の滝などがあります。
泉佐野市(いずみさのし)は大阪府南部(泉南地域)に位置しています。泉佐野市は大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、大阪府の貝塚市・泉南市・熊取町・田尻町、和歌山県の紀の川市に接しています。泉佐野市は中央構造線の北縁部にあり、大阪府と和歌山県を隔て、金剛生駒紀泉国定公園(こんごういこまきせんこくていこうえん)に指定された和泉山脈(いずみさんみゃく)北斜面に位置し、北部に大阪平野が広がり、北西側を大阪湾に面しています。泉佐野市は瀬戸内式気候に属し、気候は温暖で、降水量が比較的少ない地域です。泉佐野市は平安時代に熊野街道に沿う要地として市が立って市場町になりました。泉佐野市は室町時代に対馬(つしま)や五島列島(ごとうれっとう)方面まで出漁するほど漁業が盛んになりました。泉佐野市は江戸時代に廻船問屋町として栄え、海浜の干鰯(ほしか)・農村の和泉白木綿(いずみしらゆう)の集散地となりました。泉佐野市は明治時代以降にタオルの製造を中心とした繊維工業都市に発展し、1960年代以降に臨海埋立地が造成されて水産食品コンビナートが設置されました。なお泉佐野市は1994年(平成6年)に泉州沖5キロメートルの海上に関西国際空港が開港し、関西空港連絡橋で結ばれて陸路玄関口になりました。
*参考・・・犬鳴山温泉(アクセス・歴史・・・)犬鳴山温泉(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【犬鳴山温泉 見どころ・文化財】
犬鳴山温泉の見どころは犬鳴山温泉の紅葉です。犬鳴山温泉の紅葉は例年11月中旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月中旬頃~11月下旬頃です。紅葉の見ごろにモミジ・イチョウなどが色付きます。紅葉のビュースポットは犬鳴山七宝瀧寺までの参道です。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。

【犬鳴山温泉 連絡先(要確認)】
電話番号・・・072-469-3131(泉佐野市観光協会)

【犬鳴山温泉 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
大阪紅葉名所・大阪紅葉見ごろ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る