寂地峡(紅葉見ごろ・・・)・山口紅葉名所

寂地峡

寂地峡(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介しています。寂地峡は山口の紅葉名所です。寂地峡の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月上旬頃です。寂地峡一帯にはAコース(所要時間約40分)・Bコース(所要時間約50分)・Dコース(所要時間約10分)などがあり、紅葉とウォーキング・散策を楽しむことができます。Cコースは落石で通行止めです。(要確認)

【寂地峡 アクセスマップ】
場所・・・山口県岩国市錦町宇佐

【寂地峡 アクセス・交通】
*中国自動車道六日市IC(車約55分)

【寂地峡 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【寂地峡 時間(要確認)】

【寂地峡 料金(要確認)】

広告

【寂地峡 歴史・簡単概要】
寂地峡(じゃくちきょう)は山口県岩国市錦町宇佐にあります。寂地峡は犬戻峡(いぬもどしきょう)と竜ヶ岳峡(りゅうがだけきょう)から構成され、大小の滝・淵・奇岩・怪石・岩屋などが続いています。。寂地峡の名称は昔、寂地川に棲んでいた大蛇が木々をなぎ倒したり、毒気の息で草花・作物を枯らして住民を悩ませていました。そこに寂地坊という旅の僧が現れ、大蛇を祈祷で退治したことに由来しています。犬戻峡は山口県の最高峰で、山口県下随一の高峰である標高約1,337メートルの寂地山(じゃくちさん)を源とする宇佐川上流にあります。竜ヶ岳峡は龍が岳を源としています。犬戻峡は長さ約3.5キロに滝や深い淵などが続いています。龍が岳峡は長さ約1キロに上流の龍頭の滝から末尾の龍尾の滝まで7つの滝や大乗淵などが続き、滝の落差を合計すると約90メートルになります。龍が岳峡の内、龍の名を冠した五竜の滝は落差約14メートルの龍頭の滝・落差約18メートルの龍門の滝・落差約10メートルの白龍の滝・落差約8メートルの登龍の滝・落差約20メートルの龍尾の滝(上段約15メートル・下段約5メートルの段瀑)から構成され、日本の滝百選に選ばれています。寂地川は名水百選に選ばれ、アマゴ・イワナなどが生息しています。寂地山には寂地杉の天然林・ブナの林・カタクリが自生地などがあり、寂地峡には周辺にカエデ・モミジなどが分布しています。なお寂地峡は広島県の三段峡(さんだんきょう)・島根県の匹見峡(ひきみきょう)とともに西中国山地国定公園(にしちゅうごくさんちこくていこうえん)の三大渓谷に数えられています。
岩国市(いわくにし)は山口県最東部に位置しています。岩国市は山口県の光市・柳井市・周南市・和木町・田布施町、広島県の大竹市・廿日市市、島根県の益田市・吉賀町に接しています。岩国市の名称は城山の岩に由来するとも言われています。岩国市は山口県と島根県の県境にある標高約1,004メートルの莇ヶ岳 (あざみがだけ) を源とし、岩国川とも言われる山口県内一の大河である二級河川・錦川(にしきがわ)の中流域・下流域にあり、北部に西中国山地国定公園属する標高約1,337メートルの寂地山(じゃくちさん)・標高約1,109メートルの羅漢山(らかんやま)などの山々が連なり、東部を広島湾に面しています。岩国市は市域の約8割を山林が占めるそうです。岩国市は古くから山陽道の交通の要衝で、日本最古の和歌集「万葉集」・平安時代中期の「延喜式(えんぎしき)」にも「磐国山」・「石国駅」などと記されています。江戸時代に吉川氏が治める岩国領6万石の城下町として発展しました。旧藩政時代の干拓地に大正時代以降レーヨン・パルプ・紡績などの工場が進出して工業都市に発展し、昭和初期に日本陸軍燃料廠・海軍潜水艦訓練基地・海軍岩国航空隊など置かれて軍事都市としての色彩を強めました。太平洋戦争後に航空基地跡にアメリカの岩国基地が設置され、岩国港周辺には石油コンビナートを中心とする工業地帯が形成されました。
*参考・・・寂地峡(アクセス・歴史・・・)寂地峡(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【寂地峡 見どころ・文化財】
寂地峡の見どころは寂地峡の紅葉です。寂地峡の紅葉は例年10月中旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月上旬頃です。紅葉の見ごろにカエデ・モミジなどが色付きます。紅葉のビュースポットは五竜の滝です。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。

【寂地峡 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0827-72-2111(錦総合支所)

【寂地峡 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
山口紅葉名所・山口紅葉見ごろ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る