勝山弁天桜(桜見ごろ2022早め・・・)福井桜名所

勝山弁天桜

勝山弁天桜(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。勝山弁天桜は福井の桜名所です。勝山弁天桜の桜見ごろは例年4月上旬頃~4月中旬頃です。勝山弁天桜は橋長約335メートルの勝山橋を中心に上流・下流の九頭竜川右岸約1.5キロにソメイヨシノ(染井吉野)など約450本の桜の木が植えられ、弁天桜まつり・ライトアップが行われています。(要確認)

【勝山弁天桜 アクセスマップ】
場所・・・福井県勝山市本町

【勝山弁天桜 アクセス・交通】
*えちぜん鉄道勝山永平寺線勝山駅(徒歩約5分)

【勝山弁天桜 アクセス・駐車場】
駐車場なし

【勝山弁天桜 時間(要確認)】
自由

【勝山弁天桜 料金(要確認)】
無料

広告

【勝山弁天桜 歴史・簡単概要】
勝山弁天桜(かつやまべんてんざくら)は福井県勝山市本町にあります。勝山弁天桜は福井県大野市と岐阜県郡上市の境にある標高約717メートルの油坂峠(あぶらざかとうげ)付近を源とする九頭竜川水系の本流で一級河川・九頭竜川(くずりゅうがわ)右岸にあります。ちなみに九頭竜川は九頭竜ダム・九頭竜湖を経て、標高約1,810メートルの銚子ヶ峰(ちょうしがみね)を源とする石徹白川(いとしろがわ)と合流し、大野盆地・勝山盆地を北西に流れ、福井平野で夜叉ヶ池(やしゃがいけ)を源とする日野川(ひのがわ)と合流し、坂井市で日本海に注いでいます。勝山弁天桜の名称は九頭竜川東側に河川の女神である弁財天を祀る堂を建立し、弁財天を祀ったことからこの地が弁天と言われるようになったそうです。勝山弁天桜は橋長約335メートル・幅員約22.8メートルの勝山橋(2006年土木学会デザイン賞受賞)を中心に上流・下流の九頭竜川右岸約1.5キロにソメイヨシノ(染井吉野)など約450本の桜の木が植えられています。その桜並木は一目千本と言われています。勝山弁天桜は残雪が残る奥越前の山々とのコンビネーションが美しいと言われています。勝山弁天桜では桜が見ごろを迎える時期に弁天桜まつりが催され、ぼんぼり・行燈が灯され、鯉のぼりが設置されます。また弁天桜まつりでは桜並木沿いに出店も並びます。(要確認)
勝山市(かつやまし)は福井県北東部に位置しています。勝山市の名称は戦国時代に平泉寺(へいせんじ)を落とした一向一揆の拠点・村岡山を勝山 (かちやま) と言ったことに由来しています。勝山市は福井県の福井市・大野市・坂井市・永平寺町、石川県の加賀市・小松市・白山市に接しています。勝山市は福井県大野市と岐阜県郡上市の境にある標高約717メートルの油坂峠(あぶらざかとうげ)付近を源とする一級河川・九頭竜川(くずりゅうがわ)に沿う大野盆地の北半と白山火山群の山地に位置し、九頭竜川とその支流・滝波川(たきなみがわ)などが流れ、市街地は九頭竜川右岸の河岸段丘上に立地しています。勝山市は奈良時代に泰澄(たいちょう)が平泉寺白山神社(へいせんじはくさんじんじゃ)を標高約1,625メートルの経ヶ岳(きょうがたけ)山麓に創建すると白山信仰の中心地になりました。勝山市は戦国時代に柴田勝家(しばたかついえ)の養子・柴田 勝政(しばたかつまさ)が勝山城を築城するとその城下町になりました。勝山市は江戸時代中期の元禄年間以降に小笠原氏の城下町として発達し、刻みタバコの生産地として知られました。勝山市は明治時代以降に繊維産業が盛んになりました。勝山市では勝山恐竜群と言われる十数種の化石が発見され、恐竜のまちと謳っています。
*参考・・・勝山弁天桜(アクセス・歴史・・・)

【勝山弁天桜 見どころ・文化財】
勝山弁天桜の見どころは勝山弁天桜の桜です。勝山弁天桜の桜見ごろは例年4月上旬頃~4月中旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【勝山弁天桜 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0779-88-8117(勝山市商工観光・ふるさと創生課)

【勝山弁天桜 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
福井桜名所・福井桜見ごろ

関連記事

広告

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る