文殊仙寺(紅葉見ごろ・・・)・大分紅葉名所

文殊仙寺

文殊仙寺(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介しています。文殊仙寺は大分の紅葉名所です。文殊仙寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃~12月上旬頃です。文殊仙寺では境内や駐車場から見える素晴らしい景色が「文殊耶馬(もんじゅやば)」とも言われています。一帯には樹齢約1,000年のケヤキや樹齢約400年のスギが立ち並び、大分県の天然記念物に指定されています。

【文殊仙寺 アクセスマップ】
場所・・・大分県国東市国東町大恩寺2432

【文殊仙寺 アクセス・交通】
*JR日豊本線杵築駅から大分交通バス・国東行きの場合、文殊バス停

【文殊仙寺 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【文殊仙寺 時間(要確認)】

【文殊仙寺 料金(要確認)】

広告

【文殊仙寺 歴史・簡単概要】
文殊仙寺(もんじゅせんじ)は大分県国東市国東町大恩寺にあります。文殊仙寺は飛鳥時代中期の648年(大化4年)に修験道(しゅげんどう)の開祖とされる役行者(えんのぎょうじゃ)・役小角(えんのおづぬ)が文殊菩薩(もんじゅぼさつ)の聖地とされる標高約3,058メートルの中国・五台山(ごだいさん)から迎えた文殊菩薩を本尊として創建したとも言われています。ちなみに文殊仙寺は大分県北東部に位置し、北側を周防灘(すおうなだ)・南側を別府湾・東側を伊予灘(いよなだ)・瀬戸内海に囲まれた国東半島(くにさきはんとう)のほぼ中央に位置する標高約617メートルの文殊山 (もんじゅさん) に建立され、日本三文殊に数えられ、「三人寄れば文殊の知恵」の発祥の地とも称しています。また国東半島一帯に建立されている寺院群・六郷満山(ろくごうまんざん)随一の古刹とも言われています。戦国時代(室町時代後期)の538年(天文7年)に小城城主・細川氏の寄進によって本殿が建立され、江戸時代に幾度となく改修されました。また江戸時代に杵築藩主・松平氏の特別祈願所になり、松平氏の家紋(雪持ち笹)を寺紋に使うことが許され、境内に25の堂宇が建ち並び、百数十名の僧侶が住していました。明治維新後の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)にって衰退しました。文殊仙寺には日本一大きいとされる高さ約9メートルの宝篋印塔(ほうきょういんとう)・飲むと智恵が授かるとされる「智恵の水」などがあります。なお文殊仙寺は宇佐神宮六郷満山霊場特別札所の第21番札所・国東六郷満山霊場の第25番・九州三六不動霊場の第4番です。
国東市(くにさきし)は大分県北東部に位置しています。国東市の名称は古代以来の国東(国埼・国前・国崎など)の郡名に由来しています。国東市は豊後高田市・杵築市、そして海上を隔てて姫島村に接しています。国東市は大分県北東部にある国東半島東部に位置し、西部に標高約720メートルの両子山(ふたごさん)・標高約616メートルの文珠山(もんじゅさん)などの山々が連なり、北部から東部に掛けて瀬戸内海の周防灘(すおうなだ)・伊予灘(いよなだ)に面し、沿岸部の埋立地に大分空港があります。ちなみに埋立地には電機などの先端技術関連企業が進出し、化学・精密機器などの工場も立地しています。国東市は旧石器時代の伊予野原遺跡(いよのはるいせき)や姫島産黒曜石(こくようせき)が多量に出土した縄文時代の羽田遺跡(はだいせき)などがあり、古くから人が住んでいたとも言われています。国東市は奈良時代から平安時代に宇佐八幡(うさはちまん・宇佐神宮)が地位を高めると市域に宇佐八幡とその神宮寺・弥勒寺(みろくじ)の荘園が成立しました。国東市では稲作とともにシイタケの栽培やミカン・キウイなどの果物の栽培も盛んに行われています。また国東市ではタチウオ漁などの沿岸漁業やクルマエビの養殖なども行われています。
*参考・・・文殊仙寺(アクセス・歴史・・・)文殊仙寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【文殊仙寺 見どころ・文化財】
文殊仙寺の見どころは文殊仙寺の紅葉です。文殊仙寺の紅葉は例年11月上旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月中旬頃~12月上旬頃です。紅葉の見ごろにカエデ・モミジなどが色付きます。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。

【文殊仙寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0978-72-5168(国東市観光協会)

【文殊仙寺 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
大分紅葉名所・大分紅葉見ごろ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る