カテゴリー:大分

  • 立羽田の景

    立羽田の景(紅葉見ごろ10月下旬頃~)大分紅葉名所

    立羽田の景・大分紅葉名所。立羽田の景の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月中旬頃です。立羽田の景は玖珠町から中津市に至る大分県道43号・玖珠山国線沿いにあり、裏耶馬渓を構成する伊福の景・竈ヶ窟の景・坂の上の景などとともに巡ることがおすすめされています。
  • 九酔渓

    九酔渓(紅葉見ごろ10月下旬頃~)大分紅葉名所

    九酔渓・大分紅葉名所。九酔渓の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月下旬頃です。九酔渓では震動の滝まで遊歩道が整備され、紅葉とウォーキング・散策を楽しむことができます。歩行者専用橋・九重”夢”大吊橋からも震動の滝の景観を望むことができます。
  • 陽目渓谷

    陽目渓谷(紅葉見ごろ10月下旬頃~)大分紅葉名所

    陽目渓谷・大分紅葉名所。陽目渓谷の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月上旬頃です。陽目渓谷には白水の滝から陽目の里名水茶屋まで長さ約700メートルの遊歩道(徒歩25分)があり、紅葉とウォーキング・散策を楽しむことができます。陽目の里名水茶屋では竹田名物の飲食を楽しめます。
  • 藤河内渓谷

    藤河内渓谷(紅葉見ごろ10月下旬頃~)大分紅葉名所

    藤河内渓谷・大分紅葉名所。藤河内渓谷の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月上旬頃です。藤河内渓谷には遊歩道が整備され、紅葉とウォーキング・散策を楽しむことができます。藤河内渓谷ではフランス発のキャニオニング・沢登りなども楽しむことができます。
  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園(紅葉見ごろ12月中旬頃)大分紅葉名所

    高崎山自然動物園・大分紅葉名所。高崎山自然動物園の紅葉見ごろは例年12月中旬頃です。高崎山自然動物園には高崎山の紅葉を詠った高浜虚子の句碑「人顔はいまだ定かに夕もみじ」が建立されています。歩道橋からは高崎山山全体の紅葉を見ることができるそうです。
  • 文殊仙寺

    文殊仙寺(紅葉見ごろ11月中旬頃~)大分紅葉名所

    文殊仙寺・大分紅葉名所。文殊仙寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃~12月上旬頃です。文殊仙寺では境内や駐車場から見える素晴らしい景色が「文殊耶馬」とも言われています。一帯には樹齢約1,000年のケヤキや樹齢約400年のスギが立ち並びます。
  • 富貴寺

    富貴寺(紅葉見ごろ11月下旬頃~)大分紅葉名所

    富貴寺・大分紅葉名所。富貴寺の紅葉見ごろは例年11月下旬頃~12月上旬頃です。富貴寺は大堂は九州最古の木造建築物で、平等院の鳳凰堂と中尊寺の金色堂とともに日本三阿弥陀堂に数えられています。大堂は一本のカヤの木で建立されたという伝説が残されています。
  • 四浦半島

    四浦半島(桜見ごろ2月上旬頃~)大分桜名所

    四浦半島・大分桜名所。四浦半島の桜見ごろは例年2月上旬頃~2月下旬頃です。四浦半島には津久見市四浦地区に約5,000本の河津桜が植えられ、豊後水道河津桜まつりが行われます。(要確認)天候のよい日には桜と空・海とのコントラストが美しいと言われています。
  • 大分県護国神社

    大分県護国神社(桜見ごろ3月下旬頃~)大分桜名所

    大分県護国神社・大分桜名所。大分県護国神社の桜見ごろは例年3月下旬頃~4月上旬頃です。大分県護国神社にはソメイヨシノ(染井吉野)・ヤエザクラ(八重桜)など約500本の桜の木が植えられています。イベント・ライトアップは行われないそうです。(要確認)
  • 不動尊一心寺

    不動尊一心寺(桜見ごろ4月上旬頃~)大分桜名所

    不動尊一心寺・大分桜名所。不動尊一心寺の桜見ごろは例年4月上旬頃~4月下旬頃です。不動尊一心寺には関山・普賢象・一葉など約8種・約1,000本の桜の木が植えられ、一心寺ぼたん桜雲海祭りが行われます。(要確認)八重桜は西日本随一とも言われています。

広告

広告

ページ上部へ戻る