登別桜並木(桜見ごろ2022早め・・・)北海道桜名所

登別桜並木

登別桜並木(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。登別桜並木は北海道の桜名所です。登別桜並木の桜見ごろは例年5月上旬頃~5月中旬頃です。登別桜並木にはJR登別駅から登別温泉に続く北海道道2号洞爺湖登別線沿いに約2,000本のエゾヤマザクラ(蝦夷山桜)が植えられています。ただイベント・ライトアップは行われないそうです。(要確認)登別温泉は泉質豊かな温泉を楽しめます。

【登別桜並木 アクセスマップ】
場所・・・北海道登別市中登別町

【登別桜並木 アクセス・交通】
*JR登別駅から道南バス・登別温泉行きの場合、三愛病院前バス停またはユートピア牧場バス停

【登別桜並木 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【登別桜並木 時間(要確認)】

【登別桜並木 料金(要確認)】

広告

【登別桜並木 歴史・簡単概要】
登別桜並木(のぼりべつさくらなみき)は北海道登別市中登別町にあります。登別桜並木は北海道虻田郡洞爺湖町と登別市を結ぶ長さ約46.1キロの北海道道2号洞爺湖登別線(ほっかいどうどう2ごうとうやこのぼりべつせん)の内、JR登別駅から登別温泉の間にあります。ちなみにJR登別駅は長万部駅から室蘭市・苫小牧市などを経てJR岩見沢駅に至る室蘭本線(むろらんほんせん)にある駅です。登別温泉は古来からアイヌが薬湯として重宝し、江戸時代中期に探検家で、江戸幕府普請役・最上徳内(もがみとくない)が「蝦夷草紙(えぞぞうし)」に記しました。江戸時代後期の1857年(安政4年)に近江商人の場所請負人・岡田半兵衛(おかだはんべい)が硫黄採取の為に道を開き、旅人や鉱夫の為に湯治止宿小屋を設置し、滝本金蔵(たきもときんぞう)が湯守になり、1873年(明治6年)に岡田半兵衛が私費で温泉を開削し、1888年(明治21年)に滝本金蔵が旅館を開業しました。登別温泉は硫黄泉(いおうせん)・食塩泉(塩化物泉)・明礬泉(みょうばんせん)・芒硝泉(ぼうしょうせん)・緑礬泉(りょくばんせん)・鉄泉・酸性鉄泉・重曹泉(じゅうようせん)・ラジウム泉と泉質が豊富で、温泉のデパートとも言われています。登別桜並木には約2,000本のエゾヤマザクラ(蝦夷山桜)が植えられています。エゾヤマザクラは北海道の山地に自生し、紅色の花が咲くことからベニヤマザクラとも言われ、北海道内では5月に入ってから咲きます。
登別市(のぼりべつし)は北海道南西部に位置しています。登別市の名称は色の濃い川を意味するアイヌ語「ヌプル・ペッ」に由来しています。登別市は室蘭市・伊達市・壮瞥町・白老町に接しています。登別市は内陸部に台地・丘陵地・山地があり、南側を太平洋に面し、海岸線に砂浜が広がり、ポンアヨロ川・登別川・クスリサンベツ川などが流れています。登別市は市域が市役所のある西部の幌別地区と東部の登別地区に分かれています。登別市は江戸時代から登別温泉が知られており、最上徳内(もがみとくない)著の「蝦夷草紙(えぞぞうし)」に登別温泉が記されています。また登別市は江戸時代にアイヌと和人が交易する松前藩の場所(交易所)が幌別に置かれていました。登別市は1869年(明治2年)に仙台藩白石城主・片倉邦憲(かたくらくにのり)が太政官布告によって幌別郡の支配を命じられ、翌1870年(明治3年)に白石藩の旧士族が入植して開拓が始まりました。登別市は太平洋戦争中に室蘭製鉄所の社宅が造られて住宅地になり、その後化学・窯業・コンクリートなどの工業も発達しました。登別市は地獄谷(じごくだに)を源泉とする登別温泉が北海道を代表する温泉地になり、新登別温泉道・カルルス温泉などと温泉郷を形成しています。
*参考・・・登別桜並木(アクセス・歴史・・・)登別桜並木(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【登別桜並木 見どころ・文化財】
登別桜並木の見どころは登別桜並木の桜です。登別桜並木の桜見ごろは例年5月上旬頃~5月中旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【登別桜並木 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0143-84-3311(登別国際観光コンベンション協会)

【登別桜並木 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
北海道桜名所・北海道桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る