由志園(紅葉見ごろ・・・)・島根紅葉名所

由志園

由志園(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介しています。由志園は島根の紅葉名所です。由志園の紅葉見ごろは例年11月中旬頃~12月上旬頃です。由志園では紅葉が見ごろを迎える時期に紅葉まつりが催され、ライトアップが行われます。(要確認)由志園には料亭・食事処・日本料理・茶房・売店などもあり、飲食・買い物なども楽しむことができます。

【由志園 アクセスマップ】
場所・・・島根県松江市八束町波入1260-2

【由志園 アクセス・交通】
*JR松江駅からバスの場合、由志園バス停(徒歩すぐ)
*JR境港駅からバスの場合、由志園バス停(徒歩すぐ)

【由志園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【由志園 時間(要確認)】
9:00~17:00

【由志園 料金(要確認)】
大人
ベストシーズン1,000円、レギュラーシーズン800円、夜間特別開園900円
(小中高生は半額)

広告

【由志園 歴史・簡単概要】
由志園(ゆうしえん)は島根県松江市八束町波入にあります。由志園は島根県東部にある面積約85.6平方キロの中海(なかうみ)に浮かぶ大根島(だいこんしま)に整備された面積約1万2千坪(約4万平メートル)の池泉廻遊式日本庭園です。大根島は中期更新世の約19万年前に形成された南北約2.2キロ・東西約3.3キロ・面積約6.78平方キロの火山島です。大根島は「出雲国風土記・奈良時代」に「杵築の御崎のたこを捕らえた大鷲がこの島に飛来したことにより「たこ島」と名付けられた」と記され、「たこ島」が転訛したとも言われています。由志園は1970年(昭和45年)に初代園主・門脇栄(かどわきさかえ)が大根島の観光開発を目的として第1期工事を開始し、1975年(昭和50年)4月に開園しました。由志園の名称は門脇栄が「決して利己を目的とするものにあらず、観光産業の推進こそ天恵に応える郷民の務めなり。その布石となればと願うなり。」という志しと父親・由蔵の名前から「由志園」と名付けました。由志園には池泉回遊式庭園(寒牡丹庭園・牡丹庭園・枯山水庭園・白砂青松庭・溶岩庭園・奥出雲の渓谷)・築山・雌滝・雄滝・牡丹の館・料亭「菖蒲」・食事処「紅葉」・食事処「禅」・日本料理「竹りん」・茶房「一望」・売店「やまぼうし」・雲州人参ミュージアム・御種人参茶カフェ・平成の人参方長屋門などがあります。由志園には山法師・百日紅・芍薬・シャクナゲ・サザンカ・梅・紫陽花・牡丹・紅葉・ツツジ・サツキ・菖蒲・千両・アセビ・椿桜・蓮・寒牡丹などが植えられています。
松江市(まつえし)は島根県東部(出雲地方)に位置しています。松江市は島根県の県庁所在地で、山陰地方最大の人口を擁しています。松江市は島根県の雲南市・出雲市・安来市、鳥取県の境港市に接しています。松江市は島根県北東部にある島根半島に広がる松江平野に位置し、南側に中国山地があり、北部が日本海、東部が面積約85.6平方キロの中海(なかうみ)、西部が面積約79.2平方キロの宍道湖(しんじこ)に面し、宍道湖の東半分を取り囲んでいます。ちなみに中海と宍道湖は日本では数少ない連結汽水湖とされ、いずれもラムサール条約に登録されています。松江市は宍道湖と中海に囲まれた地域にあり、中心市街地を宍道湖と中海を結ぶ大橋川(おおはしがわ)が流れて二分し、水の都とも言われています。松江市は日本海側気候に属し、冬季には曇り・雨・雪の日が多くなります。松江市には田和山遺跡・古墳群などがあり、古くから人が住んでいたとも言われています。松江市は江戸時代前期の1611年(慶長16年)に出雲松江藩初代藩主・堀尾忠氏(ほりおただうじ)が松江城を末次城跡に築城するとその城下町として発展しました。松江市は江戸時代中期以降に親藩越前松平家・出雲国松江藩の城下町として盛え、江戸時代の代表的な茶人である松平不昧(まつだいらふまい・松平治郷(まつだいらはるさと))が出雲国松江藩7代藩主になりました。
*参考・・・由志園(アクセス・歴史・・・)由志園(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【由志園 見どころ・文化財】
由志園の見どころは由志園の紅葉です。由志園の紅葉は例年10月下旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月中旬頃~12月上旬頃です。紅葉の見ごろにイロハモミジ・ヤマボウシ・ドウダンツツジなどが色付きます。紅葉のビュースポットは赤橋からの奥出雲の渓谷・おろちの滝です。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。

【由志園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0852-76-2255(由志園)

【由志園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
島根紅葉名所・島根紅葉見ごろ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る