素桜神社の神代桜(桜見ごろ2022早め・・・)長野桜名所

素桜神社の神代桜

素桜神社の神代桜(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。素桜神社の神代桜は長野の桜名所です。素桜神社の神代桜の桜見ごろは例年4月下旬頃~5月上旬頃です。素桜神社の神代桜は樹齢約1,200年とも言われているエドヒガンの巨樹です。素桜神社の神代桜は樹高約20メートル・根回り約9メートル・目通り幹回り約11.3メートルです。

【素桜神社の神代桜 アクセスマップ】
場所・・・長野県長野市泉平513

【素桜神社の神代桜 アクセス・交通】
*JR長野駅からアルピコ交通・県道戸隠線の場合、坂額バス停(徒歩約30分)

【素桜神社の神代桜 アクセス・駐車場】
駐車場なし

【素桜神社の神代桜 時間(要確認)】
自由

【素桜神社の神代桜 料金(要確認)】
無料

広告

【素桜神社の神代桜 歴史・簡単概要】
素桜神社の神代桜(すざくらじんじゃのじんだいざくら)は長野県長野市泉平にあります。素桜神社の神代桜は素戔嗚尊(すさのおのみこと)がこの地で休んだ際、手に持っていた桜の杖(つえ)を池辺に刺したものが根付いて大きく成長したものと伝えられています。ちなみに素戔嗚尊は日本最古の正史「日本書紀(にほんしょき)・720年(養老4年)編纂」によると父・イザナギと母・イザナミの子神で、天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟神とされています。素戔嗚尊は高天原(たかまがはら)で乱暴を行った為、天照大神が怒って天の岩戸(あめのいわと)に隠れ、世の中が暗闇になりました。また素戔嗚尊は出雲国簸川(ひかわ)のほとりに降り、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、救った櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)と結婚して大国主神(おおくにぬしのかみ)が生まれ、出雲の祖神になりました。素桜神社の神代桜は3本の枝幹に分かれ、大正時代に風害で南側の幹が損傷し、残る2本の幹も支柱が必要なほど衰弱したことから1992年(平成4年)から樹木医による治療が行われました。素桜神社の神代桜は樹齢約1,200年とも言われているエドヒガン(アズマヒガン)の巨樹で、素(もと)ザクラとも言われています。素桜神社の神代桜は樹高約20メートル・根回り約9メートル・目通り幹回り約11.3メートルです。なお素桜神社の神代桜は国の天然記念物に指定されています。
長野市(ながのし)は長野県北部(北信地方)に位置しています。長野市は長野県の県庁所在地です。長野市は須坂市・中野市・千曲市・上田市・大町市・筑北村・麻績村・生坂村・信濃町・飯綱町・小川村・白馬村・小谷村・小布施町、新潟県の妙高市に接しています。長野県は善光寺平(ぜんこうじだいら)と言われる長野盆地にあり、中央部を信濃川水系の本流で一級河川・千曲川(ちくまがわ)が北東に流れ、川中島で信濃川水系の一級河川・犀川(さいがわ)と合流しています。ちなみに千曲川は標高約2,475メートルの甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)の長野県側斜面を源とし、長野県・新潟県を流れて日本海に注ぐ日本一番長い信濃川(長さ約367キロ)の長野県の名称です。長野市は長野盆地にあることから夏は暑く、冬は寒い盆地特有の気候で寒暖の差が激しいと言われています。長野市は近世以降善光寺(ぜんこうじ)の門前町として栄え、北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町や木綿・麻などの市場町としても発展しました。ちなみに善光寺は寺伝によると644年(皇極天皇3年)に創建され、日本最古とも言われる一光三尊阿弥陀如来を本尊として安置しています。長野市は稲作やリンゴ・モモ・ナガイモなどが栽培され、リンゴは信州りんごの発祥地とされています。
*参考・・・素桜神社の神代桜(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【素桜神社の神代桜 見どころ・文化財】
素桜神社の神代桜の見どころは素桜神社の神代桜です。素桜神社の神代桜の桜見ごろは例年4月下旬頃~5月上旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【素桜神社の神代桜 連絡先(要確認)】
電話番号・・・026-223-6050(ながの観光コンベンションビューロー)

【素桜神社の神代桜 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
長野桜名所・長野桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る