佐賀紅葉見ごろ・時期

佐賀紅葉見ごろ・時期を紹介しています。佐賀県にはいずれも日本紅葉の名所100選に選ばれた雄淵雌淵公園、御船山楽園や慧洲園、九年庵、大興善寺、シチメンソウ群生地、川上峡などの紅葉名所があります。ちなみに雄淵雌淵公園では紅葉が見ごろを迎える時期にモミジなどが色付きます。

【佐賀紅葉見ごろ・時期 雄淵雌淵公園】日本紅葉の名所100選
●紅葉見ごろ・時期・・・例年11月中旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・モミジ
雄淵雌淵公園(おぶちめぶちこうえん)は佐賀県佐賀市富士町にあります。雄淵雌淵公園は古湯温泉(ふるゆおんせん)と熊の川温泉(くまのかわおんせん)の中間地点に位置し、福岡県と佐賀県の県境にまたがる脊振山地(せふりさんち)にある標高約1,054メートルの脊振山の西方を源とする一級河川・嘉瀬川(かせがわ)上流部にあります。嘉瀬川は恐竜が生息していた中生代(約2億5,217万年前~約6,600万年前)の風化花崗岩(かこうがん)の地質を激しく侵食して渓谷を形成し、美しい大小の奇石・瀬・淵などの奇勝がつくられました。雄淵はかつてイカダ流しの難所と言われ、エメラルドグリーンの水面下にはいまだ誰も入ったことがないとも言われる洞窟があります。
雄淵雌淵公園 佐賀紅葉見ごろ・時期

【佐賀紅葉見ごろ・時期 御船山楽園】日本紅葉の名所100選
●紅葉見ごろ・時期・・・例年11月中旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・イロハカエデ・ヤマモミジ・オオモミジ・イタヤカエデ・ドウダンツツジ
御船山楽園(みふねやまらくえん)は佐賀県武雄市にあります。御船山楽園は武雄市のシンボルとされる標高約210メートルの御船山の断崖絶壁の南西麓にあった第28代佐賀藩自治領武雄領主で、武雄鍋島氏9代当主・鍋島茂義(なべしましげよし)の別邸跡です。当時藩主は元永年間(1180年~1120年)に築城され、現在武雄高校がある塚崎城(武雄城)を居城としました。御船山の名称は第14代・仲哀天皇の皇后である神功皇后 (じんぐうこうごう) が三韓征伐から帰った際に御船が繋がれたことに由来しています。御船山楽園は1845(弘化2年)に鍋島茂義が約3年の歳月を掛け、萩の尾園(萩野尾苑)として完成させたのが始まりです。
御船山楽園 佐賀紅葉見ごろ・時期

広告

【佐賀紅葉見ごろ・時期 慧洲園】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年11月中旬頃~12月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・ヤマモミジ
慧洲園(けいしゅうえん)は佐賀県武雄市武雄町武雄にあります。慧洲園は昭和の小堀遠州(こぼりえんしゅう)とも称された造園家・作庭家である中根金作(なかねきんさく)によって作庭された九州随一とも言われる面積約3千坪の池泉回遊式日本庭園です。ちなみに小堀遠州は備中松山藩第2代藩主・遠州流(小堀遠州流)茶道の祖で、作庭家・建築家としても活躍し、二条城二の丸御殿庭園(八陣の庭)・金地院方丈前庭(鶴亀の庭)・南禅寺方丈庭園などを作庭したとも言われています。
慧洲園 佐賀紅葉見ごろ・時期

【佐賀紅葉見ごろ・時期 九年庵】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年11月中旬頃~11月下旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・モミジ・ドウダンツツジ
九年庵(くねんあん)佐賀県神埼市神埼町仁比山にあります。九年庵は明治時代に実業家・伊丹弥太郎(いたみやたろう)が建てた別邸と庭園です。九年庵は1892年(明治25年)に伊丹弥太郎が仁比山護国寺(にいやまごこくじ)三十六坊の塔頭(たちゅう)・不動院(ふどういん)と子院・仁比山地蔵院(にいやまじぞういん)跡に別邸を建て、1900年(明治33年)から9年の歳月を掛けて作庭家で、誓行寺(せいぎょうじ)の阿和尚(ほとりおしょう)が面積約6,800平方メートル庭園を作庭しました。
九年庵 佐賀紅葉見ごろ・時期

【佐賀紅葉見ごろ・時期 大興善寺】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年11月中旬頃~12月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・モミジ・イチョウ
大興善寺(だいこうぜんじ)は佐賀県三養基郡基山町にあります。大興善寺は寺伝によると奈良時代の717年(養老元年)に高僧・行基菩薩(ぎょうきぼさつ)が第45代・聖武天皇の勅願によって草庵を結び、自ら刻んだ十一面観世音菩薩を安置したのが起源とも言われています。ちなみに本尊・十一面観世音菩薩は秘仏とされ、12年に1度の午(うま)年にのみ開扉されています。平安時代初期に阿弥陀仏(無量寿仏)に由来する無量寿院(むりょうじゅいん)とも称していたが、835年(承和2年)に焼失し、847年(承和14年)に比叡山第3世天台座主である慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)が再興しました。
大興善寺 佐賀紅葉見ごろ・時期

【佐賀紅葉見ごろ・時期 シチメンソウ群生地】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月下旬頃~11月中旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・シチメンソウ
シチメンソウ群生地(シチメンソウぐんせいち)・シチメンソウ自生地は佐賀県佐賀市東与賀町下古賀にあります。シチメンソウ群生地は九州北西部に位置し、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県にまたがる九州最大の湾である有明海(ありあけかい)奥部にある東与賀海岸(ひがしよかかいがん)にあります。シチメンソウはアカザ科の1年生草木で、花のような葉っぱがこん棒状に枝分かれして伸び、高さが20~40センチになります。シチメンソウは満潮時に潮を被り、干潮時に干潟になり、風波や潮流が少ないと場所で生育し、塩水に耐えられる塩生植物です。
シチメンソウ群生地 佐賀紅葉見ごろ・時期

【佐賀紅葉見ごろ・時期 川上峡】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年11月中旬頃~11月下旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・イチョウ
川上峡(かわかみきょう)は佐賀県佐賀市大和町川上にあります。川上峡は筑紫山地(つくしさんち)の一部をなし、佐賀県と福岡県の県境にまたがる脊振山地(せふりさんち)に属する標高約967メートルの金山(かなやま)を源とする嘉瀬川水系の本流で一級河川・嘉瀬川(かせがわ)上流部にあります。川上峡では嘉瀬川が滔々(とうとう)と流れ、日本紅葉の名所100選・日本さくら名所100選に選ばれている紅葉の名所・桜の名所である京都嵐山に因んで、「九州の嵐山・肥前の嵐山」とも言われています。
川上峡 佐賀紅葉見ごろ・時期

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る