北海道紅葉見ごろ・時期

北海道紅葉見ごろ・時期を紹介しています。北海道にはいずれも日本紅葉の名所100選に選ばれた大雪山、卯原内サンゴ草群生地、阿寒、定山渓、登別地獄谷や西岡公園、藻南公園などの紅葉名所があります。ちなみに大雪山では紅葉が見ごろを迎える時期にナナカマド・モミジ・ブドウ・カバノキなどが色付きます。

【北海道紅葉見ごろ・時期 大雪山】日本紅葉の名所100選
●紅葉見ごろ・時期・・・例年9月中旬頃~9月下旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・ナナカマド・モミジ・ブドウ・カバノキ
大雪山(たいせつざん・だいせつざん)は北海道中央部に位置し、石狩山地の北西部にある火山群です。ちなみに大雪山は単独の山でないことから大雪山系などとも言われています。大雪山は火口・御鉢平(おはちだいら)を中心に標高約2,291メートルで、北海道の最高峰の旭岳(あさひだけ)を主峰に標高約2,244メートルの北鎮岳・標高約2,230メートルの白雲岳・標高約2,113メートルの愛別岳・標高約2,125メートルの凌雲岳・標高約2,072メートルの烏帽子岳・標高約2,197メートルの比布岳・標高約2,149メートルの北海岳・標高約1,984メートルの黒岳・標高約2,078メートルの赤岳など標高2,000メートル前後の山が十数座あり、北海道の屋根とも言われています。
大雪山 北海道紅葉見ごろ・時期

【北海道紅葉見ごろ・時期 卯原内サンゴ草群生地】日本紅葉の名所100選
●紅葉見ごろ・時期・・・例年9月上旬頃~10月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・サンゴ草
卯原内サンゴ草群生地(うばらないサンゴそうぐんせいち)は能取湖(のとろこ・のとりこ)の湖畔にあります。サンゴ草はアッケシソウ(厚岸草)とも言われるアカザ科の一年性草本で、塩湿地に生育する塩生植物です。サンゴ草ははヨーロッパ・アジア・北アメリカなどの寒帯地域に分布し、日本では1891年(明治24年)に北海道樹木志料を出版した椙山清利(すぎやまきよとし)が北海道厚岸郡厚岸町の厚岸湖のカキ島で最初に発見し、札幌農学校(北海道大学)教授で、植物学者・宮部金吾(みやべきんご)が地名に因んでアッケシソウと命名しました。その後アッケシソウは北海道の野付半島(のつけはんとう)・温根沼(おんねとう)・風蓮湖(ふうれんこ)・コムケ湖・サロマ湖・能取湖・涛沸湖(とうふつこ)などにも分布していることが分かりました。
卯原内サンゴ草群生地 北海道紅葉見ごろ・時期

広告

【北海道紅葉見ごろ・時期 阿寒】日本紅葉の名所100選
●紅葉見ごろ・時期・・・例年9月下旬頃~10月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・イタヤカエデ・ハウチワカエデ・ヤマモミジ・ナナカマド・カツラ・ヤマブドウ
阿寒(あかん)は阿寒湖を源とする阿寒川水系の本流で、二級河川・阿寒川に沿う南北に長いエリアで、釧路市に属しています。阿寒の名称はウグイの産卵する川を意味するアイヌ語「ラカンペツ」に由来しています。阿寒は北部に国の特別天然記念物であるマリモ(毬藻)が繁茂する阿寒湖・標高約1,370メートルの雄阿寒岳(おあかんだけ)・標高約1,499メートルの雌阿寒岳(めあかんだけ)・パンケ沼(パンケ湖・パンケトー)・ペンケトー(ペンケ湖)・阿寒湖温泉などがあり、阿寒摩周国立公園(あかんましゅうこくりつこうえん)に属しています。阿寒湖は雄阿寒岳の西にあり、周囲約30キロ・最大水深約45メートルで、面積約13.25キロ平方メートルです。
阿寒 北海道紅葉見ごろ・時期

【北海道紅葉見ごろ・時期 定山渓】日本紅葉の名所100選
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月中旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・イタヤカエデ・ヤマブドウ・ナナカマド・桜・シナ・カツラ・ミズナラ・シラカバ
定山渓(じょうざんけい)は北海道札幌市南区にある温泉郷です。定山渓は石狩川水系石狩川支流である一級河川・豊平川(とよひらがわ)上流一帯の渓谷で、札幌の奥座敷とも言われています。定山渓は1858年(安政5年)に「後方羊蹄日誌」を記した好古家で、探検家・松浦武四郎が(まつうらたけしろう)が発見し、1866年(慶応4年)頃に曹洞宗の僧侶・美泉定山(みいずみじょうざん)が「鹿が傷を癒す秘湯があるらしい」との噂を聞いてアイヌの案内で確認し、湯治場を造ったのが始まりと言われています。1871年(明治4年)に本願寺道路の検分に訪れた開拓使長官・東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)が定山の功績を讃えて定山渓と名付けました。
定山渓 北海道紅葉見ごろ・時期

【北海道紅葉見ごろ・時期 登別地獄谷】日本紅葉の名所100選
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月上旬頃から10月中旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・ナナカマド・ヤマウルシ・ダケカンバ
登別地獄谷(じごくだに)は北海道登別市にあります。地獄谷は標高約377メートルの活火山・日和山(ひよりやま)の噴火活動によってできた爆裂火口群です。地獄谷は直径約450メートル・面積約約11ヘクタールで、谷に沿って湧出口や噴気孔が多数あります。地獄谷の名称は泡を立てて煮えたぎる光景が鬼の棲む地獄のように見えることに由来しています。地獄谷は約1万5千年前に活火山・倶多楽(くったら)の西麓で始まった火山活動により、日和山に溶岩ドームが形成され、約8千年前から水蒸気噴火を繰り返したことによって、大湯沼(おおゆぬま)などとともに形成されたと言われています。地獄谷は1日1万トンの温泉などが湧き、北海道有数の温泉である登別温泉の源泉になっています。
登別地獄谷 北海道紅葉見ごろ・時期

【北海道紅葉見ごろ・時期 大沼】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月中旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・カエデ・カシワ・ナラ
大沼(おおぬま)は北海道亀田郡七飯町にある湖です。大沼は周辺の小沼・蓴菜沼(ジュンサイ沼)などの湖沼群や標高1,131約メートルの北海道駒ヶ岳などの地域の総称として、大沼と言われることもあります。大沼の名称は大いなる湖沼(水溜まり)を意味するアイヌ語「ポロ・ト」に由来しています。大沼は周囲約24キロ・最大水深約12.2メートルで、面積約5.31平方メートルの湖です。大沼は5万年から3万年前に北海道駒ヶ岳の大噴火によって山体の上部が大崩落し、その泥流が裾野を流れる二級河川・折戸川(おりとがわ)を堰き止めて堰止湖が形成され、その後の火山活動によって大沼・小沼・蓴菜沼などに分断されたとも言われています。ちなみに1640年(寛永17年)の大噴火によって堰き止められたとも言われています。
大沼 北海道紅葉見ごろ・時期

【北海道紅葉見ごろ・時期 西岡公園】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月中旬頃~10月下旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・ハウチワカエデ・イタヤカエデ・ツタウルシ・イチョウ・カラマツ
西岡公園(にしおかこうえん)は北海道札幌市豊平区西岡にあります。西岡公園は石狩川(いしかりがわ)水系の豊平川(とよひらがわ)の支流で一級河川・月寒川(つきさむかわ)を堰き止めて造られた面積約7.35ヘクタールの旧西岡水源池を中心に整備された面積409.845平方メートルの特殊公園です。ちなみに月寒川は豊平区南部の低い丘陵を源とし、西岡水源池に注いでいます。西岡水源池は1908年(明治41年)6月に大日本帝国陸軍第7師団歩兵第25連隊の軍用水道(月寒水道)として着工され、1909年(明治42年)9月に通水したのが始まりです。
西岡公園 北海道紅葉見ごろ・時期

【北海道紅葉見ごろ・時期 藻南公園】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月中旬頃~10月下旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・イチョウ・ヤマモミジ・シラカバ・ナナカマド
西岡公園(にしおかこうえん)は北海道札幌市豊平区西岡にあります。西岡公園は石狩川(いしかりがわ)水系の豊平川(とよひらがわ)の支流で一級河川・月寒川(つきさむかわ)を堰き止めて造られた面積約7.35ヘクタールの旧西岡水源池を中心に整備された面積409.845平方メートルの特殊公園です。ちなみに月寒川は豊平区南部の低い丘陵を源とし、西岡水源池に注いでいます。西岡水源池は1908年(明治41年)6月に大日本帝国陸軍第7師団歩兵第25連隊の軍用水道(月寒水道)として着工され、1909年(明治42年)9月に通水したのが始まりです。
藻南公園 北海道紅葉見ごろ・時期

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る