岩手紅葉見ごろ・時期

岩手紅葉見ごろ・時期を紹介しています。岩手県にはいずれも日本紅葉の名所100選に選ばれた八幡平、久慈渓流や夏油高原温泉郷、重湍渓、栗駒山、厳美渓、猊鼻渓、仙人峠などの紅葉名所があります。ちなみに八幡平では紅葉が見ごろを迎える時期にダケカンバ・アナナカマド・アカエデ・アオオカメノキなどが色付きます。

【岩手紅葉見ごろ・時期 八幡平】日本紅葉の名所100選
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・ダケカンバ・アナナカマド・アカエデ・アオオカメノキ
八幡平(はちまんたい)は岩手県・秋田県にまたがる台地状(高原状・楯状)火山です。八幡平は東北地方の中央部を青森県から栃木県に掛けて南北に延びる日本最長の山脈・奥羽山脈(おううさんみゃく)の北部に位置しています。八幡平の名称は延暦年間(782年~806年)に征夷大将軍・坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が第50代・桓武天皇の勅命によって蝦夷征伐(えみしせいとう)した際、武運長久を祈願して八幡大神・八幡大菩薩(第15代・応神天皇)を祀り、美しい風景を称えたことに由来するとも言われています。八幡平は約100万年前の火山活動などによって形成され、約9,800年前~1万年前と約7,300年前にも噴火したと言われています。
八幡平 岩手紅葉見ごろ・時期

【岩手紅葉見ごろ・時期 久慈渓流】日本紅葉の名所100選
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月下旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・モミジ・ブナ
久慈渓流(くじけいりゅう)は岩手県久慈市大川目町にあります。久慈渓流は岩手県久慈市南西部に位置する標高約887メートルの明神岳(みょうじんだけ)を源とする二級河川・久慈川(くじがわ)の中流域にあります。ちなみに久慈川は上流部で川井川(かわいがわ)とも言われ、久慈市山形町川井で標高約1,235メートルの遠別岳(とおべつだけ)を源とする遠別川(とおべつがわ)と合流して太平洋に面する久慈湾に注いでいます。久慈渓流は久慈川が約5億4,200万年前から約2億5,100万年前の古生層(こせいそう)の岩盤を深く侵食することによって形成されたとも言われています。久慈渓流は大きく聳え立つ鏡岩(かがみいわ)・屏風岩(びょうぶいわ)などの石灰岩の絶壁や岩手の名水20選に選ばれている不老泉・白糸の滝などがあります。
久慈渓流 岩手紅葉見ごろ・時期

広告

【岩手紅葉見ごろ・時期 夏油高原温泉郷】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月中旬頃~10月下旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・ナナカマド・ブナ・カツラ
夏油高原温泉郷(げとうこうげのんせんきょう)は岩手県北上市和賀町にあります。夏油高原温泉郷は豊かな自然に包まれた夏油高原にあります。夏油高原温泉郷は夏油温泉(げとうおんせん)・入畑温泉(いりはたおんせん)・瀬美温泉(せみおんせん)・水神温泉(みずかみおんせん)の総称で、7つの旅館があります。ちなみに夏油温泉は夏油川上流に位置し、駒ヶ岳の北西麓・牛形山の北東麓にあります。夏油温泉は江戸時代の温泉番付で、西の大関である紀州和歌山の本宮温泉とともに当時最高位であった東の大関に位置付けられました。夏油温泉は現在も全国名湯百選・日本百名湯・国民保養温泉地に選定されています。
夏油高原温泉郷 岩手紅葉見ごろ・時期

【岩手紅葉見ごろ・時期 重湍渓】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月下旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・カエデ・ナラ・ブナ
重湍渓(ちょうたんけい)は岩手県遠野市附馬牛町にあります。重湍渓は北上川水系の本流で一級河川・北上川(きたかみがわ)の支流で一級河川・猿ヶ石川(さるがいしがわ)上流に形成された渓谷です。猿ヶ石川は遠野市と花巻市の境界にある標高約1,645メートルの薬師岳(やくしだけ)を源とし、北上山地を南流して早瀬川・小友川などの支流と合流して田瀬ダム(たせダム・田瀬湖(たせこ))に流れ込み、花巻市で北上川に合流します。猿ヶ石川は遠野市内で「遠野物語(とおのものがたり)」の舞台にもなり、河童のすむ川とも言われています。重湍渓は猿ヶ石川が巨大な花崗岩(かこうがん)を階段状に侵食し、畳を何枚も敷いたように対岸近くまで連なり、その間を水が小さな滝をつくって流れています。
重湍渓 岩手紅葉見ごろ・時期

【岩手紅葉見ごろ・時期 栗駒山】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・ブナ・ナナカマド
栗駒山(くりこまやま)は岩手県一関市厳美町にあります。栗駒山は東北地方中央部を青森県から栃木県に掛けて南北に延びる日本最長の山脈である奥羽山脈(おううさんみゃく)に属し、岩手県・秋田県・宮城県にまたがる標高約1,626メートルの成層火山(活火山)です。栗駒山は山頂部が岩手県と宮城県の県界になっています。栗駒山の名称は初夏山頂西側に馬の雪形が現れることに由来し、須川岳(すかわだけ)・酢川岳(すがわだけ)・大日岳(だいにちだけ)・駒ヶ岳(こまがたけ)などとも言われています。栗駒山は約80万年前以降に火山活動を開始したとも言われ、近年では1944年(昭和19年)の小規模な水蒸気噴火によって、八合目付近に火口湖である昭和湖(しょうわこ)が形成されました。
栗駒山 岩手紅葉見ごろ・時期

【岩手紅葉見ごろ・時期 厳美渓】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月下旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・モミジ
厳美渓(げんびけい)は岩手県一関市厳美町にあります。厳美渓は北上川水系の本流で一級河川・北上川(きたかみがわ)の支流で一級河川・磐井川(いわいがわ)中流に形成された全長2キロの渓谷です。磐井川は東北地方中央部を青森県から栃木県に掛けて南北に延びる日本最長の山脈である奥羽山脈(おううさんみゃく)に属し、岩手県・秋田県・宮城県にまたがる標高約1,626メートルの栗駒山(くりこまやま)北斜面を源とし、一関市内を流れて北上川に合流しています。厳美渓は栗駒山の噴火によって堆積したデイサイト質の凝灰岩(ぎょうかいがん)が磐井川よって侵食され、全長2キロに奇岩・怪岩・深淵・甌穴(おうけつ)などが形成されました。厳美渓では特にすり鉢状に削られた河床のポットホールである甌穴が発達しています。
厳美渓 岩手紅葉見ごろ・時期

【岩手紅葉見ごろ・時期 猊鼻渓】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月下旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・モミジ
猊鼻渓(げいびけい)は岩手県一関市東山町にあります。猊鼻渓は北上川水系の本流で一級河川・北上川(きたかみがわ)の支流で一級河川・砂鉄川(さてつがわ)に形成された全長2キロの渓谷です。砂鉄川は一関市大東町大原上内野地区を源とし、東山町を経て川崎町で北上川と合流する延長約45キロの河川です。猊鼻渓の名称は峡谷の出口付近に獅子 (猊) の鼻に似た大きな石灰岩が絶壁から垂れ下がっていることに由来し、1910年(明治43年)に命名されました。ちなみに猊鼻渓は妙義山(みょうぎさん)・寒霞渓(かんかけい)とともに日本三大奇景(日本三大奇勝・日本三大渓谷美)に数えられる大分・耶馬渓(やばけい)に準えて、東北の耶馬渓とも謳われています。
猊鼻渓 岩手紅葉見ごろ・時期

【岩手紅葉見ごろ・時期 仙人峠】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月下旬頃~11月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・ナラ・カエデ・ヤマザクラ・ダケカンバ
仙人峠(せんにんとうげ)は岩手県釜石市甲子町大橋にあります。仙人峠は釜石市と遠野市の境界にあって北上山地(北上高地)に属する標高約887メートルの峠です。仙人峠は北上川水系の一級河川・猿ヶ石川(さるがいしがわ)の支流・早瀬川(はやせがわ)と甲子川(かつしがわ)の分水界になっています。仙人峠の名称には峠に仙人が住んでいたことに由来するなどの諸説があるそうです。ちなみに仙人峠では銘水・仙人秘水が生産されているそうです。仙人峠には釜石市と遠野市を結ぶ最短ルートである釜石街道が通っていたが、険しく九十九曲がり(つづらまがり)の急坂と称された標高約887メートルの仙人峠や標高約729メートルの界木峠(さかいぎとうげ)・標高約862メートルの笛吹峠(ふえふきとうげ)などがあったことから笛吹峠道が使われることが多かったそうです。
仙人峠 岩手紅葉見ごろ・時期

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る